何歳まで納めるの?介護保険料

40歳から65歳未満までは健康保険料として徴収

高齢者になると治療や介護施設利用などに多くのお金がかかり、ご自身だけでなくご家族の方にも負担がかかります。その負担を軽減させるために介護保険料が必要となります。
国民健康保険に加入している方は世帯主から家族全員分が徴収されますが、健康保険に加入している方はお給料やボーナスから徴収されます。なお、健康保険の場合には被扶養保険者分は徴収されません。
徴収される金額は加入している保険の種類、住んでいる地域、収入によって異なります。
多くの方は天引きや口座引き落としを利用していますが、納付書で支払う際に忘れていて未払いになっていたりすることも。滞納してしまうと延滞金や手数料がかかってしまいます。
あなたも高齢になったら介護サービスを利用することになると思います。その際に大きな負担とならないようにするためにも延滞せずに支払っていきましょう。

65歳以上の方はどうなる?

「65歳となったら支払わなくていい」そう思っている方も多いと思います。しかし、介護保険料に年齢制限はありません。亡くなるまで支払うことになります。
徴収方法は、特別徴収と普通徴収の2種類です。特別徴収とは老齢、退職年金や障害年金等を1年間で18万円以上もらっている人が対象となり、年金から天引きとなります。それ以外の方は普通徴収となり納付書又は口座引き落としにて支払います。
なお、徴収される金額につきましては保険の種類に関わらず各市町村の基準額と収入によって決まります。
日本では1970年より高齢化社会となりました。これからも医療の発展や少子化により更に高齢化率があがると予想されています。介護保険料が国民全員の負担とならないようにするためにも若いうちから健康に関心を持ち、介護を必要としなくても生活できる高齢者が増えていくといいですね。